auとソフトバンクの通話定額を比較してみた感想




キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

auとソフトバンクの通話定額を比較してみた感想を紹介します。

さらに詳しい説明はソフトバンクへの通話を24時間無料にする方法

auの通話定額24について
①LTEプラン(iPhone5などの料金プラン)への加入が必要
②LTEプランは1時-21時までau間の通話が無料
③au通話定額24をつけることで、21時-1時までの通話も月500円で利用可能。
(8/31までの申込で2ヶ月無料・月の途中でも加入や廃止が可能)

ソフトバンクの24時間通話定額オプションについて
ソフトバンクはLTE対応機種以外でも、1時-21時までソフトバンク間の通話が無料
②24時間通話定額オプションで21時-1時までの通話も月500円で利用可能。
(初回加入時に限り500円の定額料が2ヶ月無料)

※WEB申込の場合、フォームに記載することでスムーズに手続きが行えます。

「1時から21時まで同一キャリア(会社)間での国内通話を無料」になる
サービスを国内ではじめて導入したのはソフトバンクなので、
ソフトバンクにのりかえした友人や親族も多いと思います。

あくまで通話定額のみでの比較となりますが、
ほぼ全ての機種でホワイトプランが利用できるソフトバンクが優れているといえます。

反対に、学割を最初に導入したのはauです。
2000年頃、携帯電話の基本料金は最低でも4,000円前後だったのが、
学生は半額(1,750円から)で利用できるようになったので、一般的な
中高生でもアルバイト代やお年玉を残しておけば携帯を持てるようになりました。
その時にauで契約した番号をそのまま使い続けている方もいらっしゃると思います。

auを使い続けたい方は、auひかりにすることで、家族全員の通信費が安くなります。
auひかり超お得豪華キャンペーン実施中!

携帯会社にこだわりがないのであれば、ソフトバンクに乗換(MNP)することで、
基本料0円でテザリングもできるiPhone5が月3,638円から持てます。
また、最新のARROWS A(アローズエース)202FなどAndroid機種もえらべます。

ソフトバンクのキャンペーンを利用することで、機種代金が実質無料!
さらに代理店のキャンペーンと併用することで、最大7万円キャッシュバックされます。

ソフトバンク代理店のキャンペーン
iPhone5や最新のAndroid機種も取り揃え!
2年間テザリング料金無料や24時間通話定額オプションにも対応!

新機種ほど高額キャッシュバック!
3万円以上のキャッシュバックで下限2,100円のプラン(Wi-Fiのみの利用)でも機種代金実質0円!
5万円キャッシュバックなら、毎月の料金が2,000円以上もお得!

月末でキャンペーンが変わる(減額になる)可能性もあるので、
ご検討中の方は、早めの申込がお得です。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

※2013年7月31日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。